CBT提供者・実践者向け
認知行動療法の基本の型を学べるWebサイト
「CBTトレーニングサイト」を公開します

NECソリューションイノベータ株式会社では、専門家との共同研究により、認知行動療法(CBT)の提供者・実践者の方々の実践前トレーニング、またはスキル定着に役立てていただくことを目的とした、対話型の「CBTトレーニングツール」を試作しています。

この度、研究活動の一環として、本サイトが皆様のスキルアップにどのように役立つのか、より役立てていくためにはどのように改良していけるかなど、評価・調査する目的で現行版を試験公開することにいたしました。皆様には是非、ツールの評価にご協力をお願いしたく、実際に触れていただき、忌憚のないご意見・ご感想をいただければ幸いです。

CBTトレーニングサイト開発の背景

認知行動療法(CBT)は、1960年代初頭に米国のアーロン・T・ベック博士によって生み出された精神療法で、様々な問題に直面して気持ちが動揺しているときに、問題解決を妨げている認知(情報処理プロセス)や行動パターンに働きかけることで問題解決能力を高めていく治療法です。CBTは、うつ病や不安症を初めとする精神疾患に対する治療効果、さらには日常のストレス対処に対する効果が認められたことから、世界中で広く活用されるようになり、2010年度にはわが国でも熟練した医師がうつ病に対して行う場合に診療報酬の対象となり、その対象疾患も不安症やPTSDなど広がってきていますし、実施者も増えてきています。

このように、国内においてCBTの認知度があがり、需要も増えてきましたが、実際にCBTを提供できる専門家の数はまだ十分とは言えません。その理由のひとつとして、専門家が適切なトレーニングを受けられる場や機会が不足している、ということがあげられます。また、効果的なCBTを実施できるレベルになるためには、知識を習得したあとの段階的なトレーニングも必要となりますが、現在は、そのトレーニングを体系的に受けられる場や、専門家を育成できる上級専門家がかなり限られているという現状もあります。

そのような背景から、私たちは、認知行動療法的アプローチを用いた相談業務に携わる方、CBTの実践スキルを伸ばそうとされている方のためのトレーニングツールとして、大野裕博士との共同研究により、「CBTトレーニングサイト」を試作いたしました。

ツールの活用のしかた

「CBTトレーニングサイト」は、認知行動療法(CBT)の基本の型をプログラム化したものです。

相談者の立場で困りごとを入力することで、コンピュータとの対話形式によりCBTの流れに沿って相談を進めていくことができます。事例を当てはめてのシミュレーションや、ご自身の面接の振り返りとして活用することができます。

CBTの学習では、①ロールプレイを活用したワークショップなどの座学による研修、②ハイブリッドCBTを利用しながらCBTの基本的な進め方を学びつつ治療関係の構築と概念化の能力を高める研修、③サイトを用いたスキルの選択能力を高める研修、④個人スーパービジョンによる実践的研修、といった段階的な研修法が推奨され、本サイトは③で活用していただくことを目的に作りました。

4step-learning-method

なお、このサイトを用いたトレーニングがより効果的になるよう、サイトの使い方や面接を進めるうえでのポイントをまとめた「CBT学習マニュアル」(※)を開発しております。皆さまのご意見・感想をいただきながら改訂していきたいと考え、プロトタイプ版から公開していくことにいたしました。マニュアルは下記よりダウンロードしていただけるようになっておりますので、そちらもあわせてご活用いただくことをおすすめいたします。これらのツールが、皆さまのスキルアップの一助となれば幸いです。

CBT学習マニュアル ver.0.9(2.96MB)

※ CBT学習マニュアルの開発は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の事業の一環として行われました。

共同研究者:大野先生からのメッセージ

認知行動療法の有用性は、わが国でも広く知られるようになってきました。しかし、認知行動療法が広がりを見せてきたことを喜ぶ反面、治療者の理解や経験が不十分なまま実施されて、ユーザーの方々に好ましくない影響を及ぼすことがないかという懸念も感じています。

そこで、今回、支援者の方々がスキルアップをはかられる際の一助となるように、認知行動療法のトレーニング用プログラムを試作しました。

本プログラムが、ユーザーの方々のために認知行動療法を実践しようとしている方、および実践している方のお役に立つことを願っています。

このような方におススメです

  • 認知行動療法的アプローチを用いた相談業務に携わっている方、実践経験の少ない方
    (医療・地域・職域など)
  • CBTの基本を正しく理解したい方、理解を深めたい方
  • CBTの面接スキルを定着させたい方
flower

注意事項

  • CBTトレーニングサイトは、現在、職域・地域・医療・福祉・教育・司法等の場面で、認知行動療法を提供されている方が、面接の基本の型を習得することを支援するためのトレーニング用サイトとして試作されています。
    一般の方のご利用を目的としたサイトではございません ので、ご注意ください。

CBTトレーニングサイトのご利用を希望する方は、
以下の「CBTトレーニングサイト 利用手続きへ」から利用登録の手続きをお願いします。

※ 利用登録には、メールアドレスの登録とアンケートへの回答が必要です。

連絡先
NECソリューションイノベータ株式会社
イノベーションラボラトリ CBTトレーニングサイト 担当窓口
Email:ai-icbt@nes.jp.nec.com